ACALL MEETINGから予約なしですぐに会議を始める

ACALL MEETINGアプリにはすぐに会議を始める機能があり、短時間の緊急会議など予約なしでも始めることができます。

また、会議室の予約者を識別する機能でコード入力を必須にすることで、予約者以外の使用を制限することも可能です。

ACALL MEETINGからすぐに会議を始める場合

ACALL MEETINGからすぐに会議を始める場合、右上に「来客で使用する」、「社内で使用する」ボタンが表示されています。会議の用途を選択しボタンを押してください。

ボタンを押すと使用時間の設定ができるので「+」ボタンで15分追加、「-」ボタンで15分削減することができます。

時間を追加すると使用時間の下に開始ボタンが表示されるので右にスワイプしてください。

スワイプすると、予約時間が表示され会議を始めることができます。

画面をタッチすると残り時間が表示され、会議を終了したいときは下のボタンを左にスワイプし終了します。

コード入力

管理者/テナント管理者がコード入力を必須に設定している場合、ACALL MEETINGから会議の作成をするときにコードの入力を求められます。

管理者/テナント管理者によってホストごとに決められたコードを入力すると会議室を利用できます。自身のコードは「アカウント設定」の画面やACALL mobileのチェックイン画面で確認できます。

またスマートフォンアプリをご利用の場合はホストコードがQRと英数字から選べるので、上記のキーボードで英数字のホストコードを入力するだけでなく、スマートフォンアプリに表示されるQRコードをかざしてチェックインも可能です。

コード入力機能を使ってACALL MEETINGやACALL mobileから会議を作成すると「応接・会議室状況」から予約の作成者が確認できます。

この記事は役に立ちましたか?