入館証を使って退館処理をする

ACALLは、入館証に印字されたQRコードを利用し、iPad上のACALL RECEPTIONで退館処理を行うことができます。管理画面からも退館処理を手動で行うことは可能ですが、入館証を活用することで入館~打合わせ~退館までの一連の流れをスムーズに行うことができます。以下に入館証を利用した退館処理の流れをご紹介します。

:入館証印刷機能の利用が必要となります。詳しくはこちらをご覧ください。

QRコードをかざすor/数字コードを入力する

来訪者が当日、iPadの受付画面から「アポイントあり」ボタンをクリックし、QRコード/数字コードをかざす(入力する)と、担当者に直接通知が届きます。

入館証が印刷される

入館処理が完了すると、小型プリンターより入館証が印刷されます。

注:担当者選択/グループ選択からも入館証を印刷することは可能です。

退館ボタンを押す

来訪者がお帰りになる際は、デバイス上の退館ボタンをタップします。

注:メニュー構成より「退館処理」を選択したボタンラベルを設定しておく必要があります。詳しくはこちらをご覧ください。

入館証のQRコードをかざす

カメラが起動しますので、入館証のQRコードをかざします。来訪者の情報が表示されますので最後に画面上の「退館処理をする」をタップします。

これで入館証を利用した退館処理が行われます。

注記:
入館証で入館した後、入館証で退館処理を行わないまま退館されると、
アポイントメントの予定終了時刻の約1時間後、アポイントメント作成を行ったご担当者様宛にアラートメールが配信されますのでご注意ください。

この記事は役に立ちましたか?