スマートビル

ビルとテナントをシームレスにつなぎ
ワーカーが心地よく働ける空間を作ります

ゲート・受付の連携

ゲート・
受付の連携

共有会議室・備品の連携

共有会議室・
備品の連携

関連企業・拠点の連携

関連企業・
拠点の連携

従来のビル・テナントの課題

同じビルやフロア内に入居している複数企業をまとめて管理したい

セキュリティを担保したいが人員の配置や設備コストがかかる

ハードウェア機器の性能を改善となると工事や機器交換などを行うため負担がある

テナントごとの希望に合わせて多様な認証手段を提案したい

アポイントの予定と共有会議室の予定を別々で行わなければいけないので手間がかかる

入居する企業やワーカーが便利で働きやすい空間をつくりたい

スマートビルで課題を解決

ACALLはビル・フロア内の企業を連動させて管理。ビルとテナントをシームレスに結合します。
マルチテナント機能、IoTゲート連携、多様な認証方法などにより
スケジュール、入退館、受付、共有会議室等の連携を実現し、従来のビル・テナントの課題も解決します。

  • 予定作成・招待
  • 入館
  • 受付
  • 会議
  • 退館

カレンダー連携

いつもお使いのカレンダーで予定作成・会議室予約・QRコード付き招待メール送付が一画面で完結します。

Outlook予定表×ACALL Officeアドイン
Outlook予定表×Officeアドイン
Googleカレンダー×ACALL Chrome拡張機能
Googleカレンダー×Chrome拡張機能

共有会議室・備品の連携

共有会議室・備品の利用状況をリアルタイムで把握。予約の一覧性を保ちつつ、テナント同士の来訪者情報などのポリシーは守られます。

共有会議室・備品の連携

受付連携

iPadの受付画面は企業ロゴを組み合わせてカスタマイズ。各テナントの要望に沿った画面設定ができます。

受付連携

担当者を直接呼び出し

対応通知ツールは10種類以上。ダイレクト通知やグループ通知はもちろん、再通知やCC通知などの見逃し防止対策で来訪者をお待たせしません。内線電話(オンプレ・クラウド)やFaceTimeによる来訪者との通話も可能。

担当者を直接呼び出し

ゲート連携

IoT連携により入退館をスマート化。自動ドア・フラッパーゲート・エレベーター・電子錠などを、顔認証やQRコード認証などの多様な認証手段で解錠します。大掛かりな工事が不要でローコストにセキュアな入退館を実現できます。

ゲート連携

不動産導入実績

東急不動産

東急不動産が運営するアッパーミドルオフィス「神保町北東急ビル」でACALLを導入

神保町北東急ビルとは

本ビルは、JR「水道橋」駅はじめ東京メトロ・都営地下鉄線「神保町」駅・「九段下」駅から徒歩圏内の利便性が高い立地にあり、中規模ながら大規模ビルと同等のグレード感を実現し、高い設備機能を備えたアッパーミドルクラスのオフィスビルです。

ACALLとIoTを活用したスマートオフィスの取り組み

入居する企業とワーカーの快適性と利便性の向上に貢献するために、来訪者受付予約と本ビルのセキュリティを連動させるIoT サービスとして「ACALL」を導入。

ACALL を導入に至ったポイント

来訪者受付予約と本ビルのセキュリティを連動させるIoT サービスで入居する企業とワーカーの快適性と利便性の向上に貢献。セキュリティドアの開閉に使用される認証手段がテナントごとのご希望に合わせて選択肢を提案できる。

詳細はこちら
東急不動産

野村不動産が運営する先進オフィスビル「PMO」でACALLを導入

PMO シリーズとは

PMO とはPremium Midsize Office の意味であり、大規模オフィスと同等の機能性とグレードを併せ持った新しい中規模オフィスシリーズです。企業の躍進をバックアップし、「そこで働くすべての人が自分を誇れるオフィスビル」をコンセプトに開発されています。

PMO におけるACALL の役割

ビルのエントランスに設置されたACALL を来訪者が操作することで、テナント企業様は遠隔でゲート解錠が可能に。応対者の業務工数を削減することができるスマートな入館システムとしてACALLを導入。

ACALL ACALL を導入に至ったポイント

ビル玄関でのセキュリティを維持しながら、従来に比べて応対者の手順が減り、それでも来訪者が円滑に入館できること。さまざまなタイプのシステムと連携でき、オフィス環境が異なる多様なテナント企業の入居に対応。クラウド型システムのため機器の交換や改修なしに機能を改善でき、物件の長期間活用が可能。

詳細はこちら

ちょっと質問したい

ささやかなご質問から、
お気軽にお送りください。