2019-07-25

野村不動産が運営する先進オフィスビル「PMO」でACALLの導入を開始

category : お知らせ

ACALL 株式会社は、野村不動産株式会社(本社 東京都新宿区/代表取締役社長 宮嶋 誠一)が運営する先進オフィスビル「PMO(ピーエムオー)」シリーズにおいて、スマートオフィス/スマートビル化を推進するクラウドサービス「ACALL(アコール)」の導入が決定したことを報告します。
まずは、PMO 日本橋室町にて試験導入を開始し、PMO シリーズの今後の新築物件に順次導入していく予定です。

■PMO シリーズとは
PMO とはPremium Midsize Office の意味であり、大規模オフィスと同等の機能性とグレードを併せ持った新しい中規模オフィスシリーズです。企業の躍進をバックアップし、「そこで働くすべての人が自分を誇れるオフィスビル」をコンセプトに開発されています。
https://www.pmo-web.com/

■PMO におけるACALL の役割
ビルのエントランスに設置されたACALL を来訪者が操作することで、テナント企業様は遠隔でゲート解錠ができます。これによって、応対者の業務工数を削減することができ、スマートな入館が可能です。

■ACALL 導入に至ったポイント
導入にあたって、下記のポイントをご評価いただきました

・IoT ゲート解除機能によってスマートなセキュリティが実現できること
・スタイリッシュでわかりやすいシステムデザインであること
・複数のセキュリティ認証・通話機能など多数のシステム連携機能が提供されているため、テナント様の多様化するオフィス環境ニーズに応えられること
・建物を長期間運営する事業者様は、ハードウェア機器改修や交換の負担なく機器の性能を改善したいというニーズがあり、クラウド型のソフトウェアサービスは、機器交換の必要なく最新機能に随時アップデートされるため、ニーズに適していること


今後もACALL は、新しいテクノロジーを使ったスマートオフィス/スマートビル化の推進によって、生産的で働きがいのある快適なオフィスづくりに貢献してまいります。

ちょっと質問したい

ささやかなご質問から、
お気軽にお送りください。