ヘルプセンター

Chatwork連携 設定編

ACALLはChatwork連携をすることにより来訪通知をChatworkの任意のルームに送ることができます。以下にChatwork連携の設定手順をご紹介します。

注記:Chatworkでの設定がまだの場合は、Chatwork連携 準備編を先にご覧ください。
  1. ChatworkのAPIトークンを登録し接続を行う
  2. 各ホストにアカウントIDを登録する
  3. グループにルームIDを登録する
  4. デバイス設定から受け取り方法を設定する

ChatworkのAPIトークンを登録し接続を行う

WEB管理画面にログイン後、黒帯のメインタイトルにある「設定」を選択し、灰色のサブタイトルの「外部サービス設定」を選択します。

注記1:設定メニューは管理者しか表示されません。
注記2:この作業をする際は、作成したBotのアカウントで行う必要があるため、Chatworkにすでにログインしている場合はログアウトしてください

「受付担当への通知」のChatworkの欄に事前に作成したAPIトークン入力すると「接続する」ボタンが表されま。

「接続するボタン」をクリックすると、確認のダイアログが表示されます。
Botアカウントが作成していることとAPIトークンが正しいことを確認をして、「OK」ボタンを押します。

接続が完了すると、「接続解除」ボタンが表示されます。

各ホストにアカウントIDを登録する

メニューの右側にある自分のホスト名をクリックし「アカウント設定」をクリックしてください。下部に「Chatwork」と言う項目が表示されます。各ホストはChatWorkに登録してある「アカウントID」を入力して、保存してくだい。

アカウントIDの確認方法は以下の通りです。

  • フリー、パーソナルプランでの確認方法

    Chatworkでマイチャットへ移動し、自分をチャットを「引用」をします。
    引用にした際に、チャットの入力欄に表示される「aid=xxxxxxx」の「xxxxxxx」部分を入力してください

    ACALLの管理者が他のACALLのホストのアカウントIDを入力する場合は、まず「acall」ルームを選択します。
    下部にあるチャットの入力欄にある「TO」をクリックし、アカウントIDを取得したユーザーを選択します
    チャットの入力欄に表示される「[To:0000000] ○○さん」の「0000000」部分を入力してください。

  • ビジネス、エンタープライズプランでの確認方法(管理者)

    Chatworkの管理者は管理ページからCSVをダウンロードすることで、ユーザー全員のユーザー名を確認することができます。
    Chatworkの右上のアカウントをクリックして表示される「管理者設定」をクリックします。
    メニューの「ユーザーリスト」をクリックし、「CSVエクスポート」の「ユーザー情報をエクスポート」を選択します。
    ダウンロードしたCSVの「識別ID」が各ユーザーのアカウントIDとなるのでこちらを入力してください

グループにルームIDを登録する

黒帯のメインタイトルにある「グループ」を選択し、通知を送りたいグループの「」をクリックします。その後、下部にある「Chatwork ROOM ID」という項目に、ChatworkのルームIDを登録します。ルームIDはChatworkにログイン後、ルームを選択するとブラウザのURL記入欄に下記のようなURLとして表示されます。

例:「https://www.chatwork.com/#!rid0000000000」
注記:グループメニューは管理者しか表示されません。

表示されたURLのrid以下の数字をACALLの「Chatwork ROOM ID」に入力して、保存してください。

デバイス設定から受け取り方法を設定する

黒帯のメインタイトルにある「設定」を選択し、灰色のサブタイトルの「デバイス」を選択します。各メニューの通知に対して通知方法を設定します。ダイレクトとルームそれぞれの通知先は以下になります。

  • 「ダイレクト」に設定すると、Botとのプライベートルームに通知を行います。(そのホストにのみ通知がされます)
  • 「ルーム」に設定すると、グループに設定したルームに通知します。

ルーム通知で、グループを呼び出す時(グループ選択、カスタム通知)に以下のルールに従って通知されるルームが変化します。

  1. ルームに「Chatwork ROOM ID」が登録されていれば、登録されたルームに通知されます。
  2. ルームに「Chatwork ROOM ID」が登録されていなければ、「Chatwork ROOM ID」がある親のグループまで遡り、見つかったルームに通知されます。
  3. 「Chatwork ROOM ID」が見つからなかった場合は、acallルームに通知されます。

グループ通知の例:

  1. 総務を呼び出し → 総務ルームに通知
  2. 開発一課を呼び出し → 開発部ルームに通知
  3. 営業一課を呼び出し → acallルームに通知

デバイスのアクションで「担当者選択(オープン型/クローズ型)」「担当者検索」で「ルーム」を選択している際の通知はホストの所属しているグループに登録されているChatworkの「ルーム」に通知されます。
ホストが複数グループに所属している場合は、ホストに登録されている先頭のグループに通知がされます。

※通知される先頭グループは左上に緑色のマークが表示されます。


ダイレクト通知でグループを呼び出すと、グループの担当者へ通知されます。

30日間無料でお試し

メールアドレスを登録でログインURLをお送りします

※お試し終了後、自動的に課金されることはありません

お試し登録の手順はこちらから
送信中…
受け付けができませんでした。
既にACALLをご利用ではないですか?

ありがとうございます

ご登録のメールアドレスにお届けしたメールをご確認ください。

ちょっと質問したい

ささやかなご質問から、
お気軽にお送りください。