スマートオフィスで
快適に働く環境づくり

スマートオフィスとは?

近年、働き方改革やIoTの浸透に伴って、「スマートオフィス」という言葉を耳にするようになりました。企業としてもより生産性が高く、働きやすい環境づくりに取り組みが課題となっています。

スマートオフィスはIoT機器やクラウドアプリケーションを活用し利便性や業務効率を高めたオフィスです。

例えば、センサーで照明や空調をコントロールするような設備管理だけではなく、会議室の予約や利用状況をスマホで簡単にチェックしたり、顔認証やQRコードで入退館・受付の手続きをし、ゲートや電子錠と連携させて人の出入りを管理することもできます。

オフィスをより生産性の高い環境であるスマートオフィスにするため、スマートデバイスやIoT機器、高速通信を導入する企業やワークスペースが増えています。

スマートオフィスは
こんなところがスマート!

オフィス空間やモノ、行動、
人がシームレスに

例えばオフィスのリソースとグループウェアを連携すれば、会議室の空き状況の可視化をしたり、カレンダーからアポイントの予定を作成すると同時に受付用のQRコードを来訪者へ送付するなどが可能になります。また、IoT連携をすれば、センサーによる照明や空調設備、ロボットによる自動化、入退館セキュリティーの制御など、オフィスの設備に合わせたスマート化を実現できるでしょう。

多様な認証方法でセキュアなオフィスに

お手持ちのスマートフォンアプリやQRコード、ICカード、顔認証、音声通話、生体認証など様々な認証方式を採用できます。入退室管理や受付対応、ゲートの施錠や決済など、認証を通じてあらゆるプロセスを簡略化します。
また、会議室の入退室管理に利用すればスマートな会議の予約と開始ができ、ログの分析により会議室不足の解消や効率的な会議運用に繋がるでしょう。

オフィス外もスマートに

スマートオフィスのシステムは一つのオフィス内だけでなく、ビル・テナント全体までに広げることで、関連企業の管理ができます。さらに外部の会議スペース、コワーキングやカフェ、自宅など、その仕組みを利用すればメインオフィス以外にも柔軟に繋がることができます。

スマートオフィスには
こんなメリット!

業務を効率化

様々なものが自動化されることにより、業務にかかるムダな時間が短縮され、時間を有効活用することができます。
細かい雑用が減るので、それまでの対応しなければならなかった労力がなくなり、ストレスが軽減されます。

管理コストの削減

スマートオフィスに導入するデジタル機器を連携させて一元管理できる仕組みがあれば、オフィスの管理コストの削減につながります。受付から入退館ゲート、会議室、執務室などオフィス内の様々なエリアをまとめて「見える化」して管理が可能になります。

働き方改革を実現

スマートオフィスでムダな作業が減り、仕事の生産性が上がると、勤務時間を短く抑えることができます。働き方改革として勤務時間や残業の見直しが求められているなかで、スマートオフィスは欠かせないものになっています。

※「QRコード」は(株)デンソーウェーブの登録商標です。

スマートオフィスを実現しよう

スマートオフィスは今後その有用性から多くの企業で導入が進んでいくでしょう。
ぜひスマートオフィスでムダを省き、利便性と生産性の高いオフィスを目指しましょう。

ACALLはアプリケーション、クラウドサービス、IoTと連携して理想のスマートオフィスを実現します。

ちょっと質問したい

ささやかなご質問から、
お気軽にお送りください。

    お問い合わせ内容を入力してください。