複雑化する受付業務に
柔軟に対応する
クラウドビジターマネジメントサービス

高い拡張性と機能性で、
セキュアで効率的な受付を構築。

無料でフリープランを試してみる

ご入力いただいたメールアドレスに
ログインURLをお送りします。
受け付けができませんでした。既にACALLをご利用ではないですか?

ありがとうございました

ご入力いただいたメールアドレスをご確認ください。

仕様やカスタマイズに関するお問い合わせはこちらから >

よりスマートに、よりセキュアな受付を

プライバシーマーク・ISMS運用に対応した入退室管理の実現が可能に。入退室時間をブラウザ上で管理・運用、CSVへの出力も手軽に行えます。入館証印刷機能を利用することで、リーズナブルに社内外の人間を区別し不審者の侵入を未然に防げます。秘匿性の高い研究施設、企業へは入館証を一律「guest」と処理することで来訪者を特定できないようにすることも可能です。
※入館証印刷はスタンダードプラン以上でご利用頂けます。

入退館時刻の管理

アポイントのエキスポート

SSOによる管理業務からの解放

ActiveDirectoryとの連携を可能にすることで、社内のパスワード管理の手間を削減します。同様に、社員にも生じる認証情報の管理負担も軽減し、双方で業務効率化の実現に貢献できます。

ActiveDirectoryログイン画面

グループの階層化・複数チームへのアサイン

企業の成長に伴うグループの階層化や複数チームへのアサインが実現可能に。ブラウザ上からドラック&ドロップで直感的にグループの階層化を構築し、変化の激しい組織改編にも柔軟に対応、拡張性と保守性を兼ね備えた機能です。また、複数チームへのアサインでき、グループを横断した多様性のある働き方にも対応した受付管理が可能となります。

(例)組織図

グループ階層設定

コンプライアンスを遵守した受付を

コンプライアンスの観点からも機密性の高いアポイント情報は社内の人間にはClosedにしておきたいもの。ACALLではアポイント作成時にプライバシーのON/OFF設定が可能に。ONにしたアポイントは社内に来訪者情報を伏せたまま、応対することが可能です。また、来訪者情報閲覧ポリシーの設定が可能、企業の管理体制に合わせて閲覧権限を3種類(全て/所属グループと配下のみ/担当者のみ)の中から選択、自社のコンプライアンスを遵守したかたちのまま受付処理を行うことが可能です。

選べる3つの閲覧ポリシー

来訪者情報閲覧ポリシー

無料でフリープランを試してみる

ご入力いただいたメールアドレスに
ログインURLをお送りします。
受け付けができませんでした。既にACALLをご利用ではないですか?

ありがとうございました

ご入力いただいたメールアドレスをご確認ください。

お問い合わせはこちら

ACALL関する疑問はこちらから、
お気軽にお問い合わせください。