ヘルプセンター

CSVインポート/エクスポート機能

ACALLはホストを登録する際、CSVシートによる一括インポート/差分インポートをすることができ、また登録したホスト情報を一括でエクスポートすることで、CSVシートによるホストの一括管理が可能となります。以下にCSVインポート/エクスポート機能の設定手順をご紹介します。

  1. 指定のCSVシートをダウンロードする
  2. CSVシートにホスト情報を入力する
  3. インポート方法を選択する
  4. インポート内容が正しいか確認する
  5. 登録内容を確認する

指定のCSVシートをダウンロードする

WEB管理画面にログイン後、黒帯のメインタイトルにある「ホスト」を選択し、灰色のサブタイトルの「インポート」を選択します。次に「ACALL用CSVテンプレートのダウンロード」をクリックし、所定のフォルダにCSVシートがダウンロードされたことを確認します。

CSVシートにホスト情報を入力する

ダウンロードしたCSVシートに以下の情報を入力し、保存して下さい。

  • メールアドレス
  • 名前(漢字・ひらがな)
  • 表示名
  • 権限
  • パスワード
  • グループ
  • SMS通知用の電話番号
  • 検索キー
  • 退職
  • slackユーザネーム(slack連携をしている場合のみ有効)
  • ChatWorkアカウントID(ChatWork連携をしている場合のみ有効)
  • Skypeメールアドレス(Skype連携をしている場合のみ有効)
  • WorkplaceユーザーID(Workplace連携をしている場合のみ有効)
注記1:必須項目はメールアドレス・姓(漢字)・権限です。権限・パスワードを入力しない場合はそれぞれ”一般”、”password”となります。
注記2:M列の退職の項目は空欄または”0”の入力で現職者、”1”の入力で退職者となります。
注記3:電話番号の先頭の0の前に「'」を入力をすると先頭の0が消えずに入力されます。
   (例)「080」を入力する際は「'080」と入力します。

インポート方法を選択する

インポート方法は以下2種類あります。「ファイルを選択」をクリックし、インポートしたいファイルを選択した後、どちらのインポート方法を実行するか選択して下さい。

  • 差分インポート:追加したいホストのみインポートすることができます。
  • 一括インポート:全体ホストを一括で追加・更新・削除を行うことができます。
注記:一括インポートの場合は、必ず”全体ホストが入力されたCSVシート”を作成して下さい。CSVシートに入力されていない既存ホストがいる場合、その方は「離職者」として処理されます。

インポート内容が正しいか確認する

インポートする内容がプレビュー表示されます。更新/追加/削除の順に表示されますので、インポート内容に間違いがないか確認し、「実行する」をクリックします。

登録内容を確認する

最後に、黒帯のメインタイトルにある「ホスト」を選択し、登録内容が正しく更新/追加/削除されたかご確認下さい。

30日間無料でお試し

メールアドレスを登録でログインURLをお送りします

※お試し終了後、自動的に課金されることはありません

お試し登録の手順はこちらから
送信中…
受け付けができませんでした。
既にACALLをご利用ではないですか?

ありがとうございます

ご登録のメールアドレスにお届けしたメールをご確認ください。

ちょっと質問したい

ささやかなご質問から、
お気軽にお送りください。