カレンダー連携

いつも使っているクラウドカレンダーが、ACALLのアポイントと自動的に同期。 余計な二度手間は不要です。

Googleカレンダー(G-suite)

クラウド時代のオフィススイートとして多くの企業に支持されている、GoogleのG-suite。
ACALLで作成したアポイントは自動的にカレンダーに反映されるので、予定の一元管理は今まで通りGoogleカレンダー(G-suite)だけで完結します。

Outlook予定表(Office365)

大企業様に導入実績の多いOffice365クラウド。
ACALLで作成したアポイントが自動的にカレンダーに反映。今まで通り、Outlook予定表(Office365)で日々の予定を確認していただけます。

アポイント自動作成機能

外部のカレンダーにスケジューリングしたアポイントを、ACALLが自動的に読み取ってアポイント招待用QRコードを生成します。Googleカレンダー(G-suite), Outlook予定表(Office365)に対応。

※QRコードはデンソーの商標登録です。

アポイント管理

アポイントの管理・運用方法は会社によって様々。 ACALLは自動リマインド機能や閲覧権限設定などかゆいところに手が届くカスタマイズ性がウリです。

招待メール送信

アポイントをとるたびに、お客様にメールで日時や場所をお知らせ…。丁寧な仕事ですが、決して効率が良いとは言えません。
ACALLなら、メールの送信も管理画面からサクサク簡単。テンプレートも複数準備しておけるので、お客様や商談内容によって柔軟に切り替えましょう。

リマインド機能

忙しい日々を過ごしていると、大事なアポイントをうっかり失念してしまう時があります。
アポイント前日には、ホストとゲストにACALLからリマインドメールが届くので、お客様に対して失礼のないようにアポイント内容を思い出してもらうことができます。

※リマインドは個別にOFFにすることもできます。

閲覧ポリシー設定

機密性の高い内容の会議がある場合は「プライバシー」設定をすることでアポイント詳細情報を隠すことが可能です。
また、会社のデフォルト設定として「他部署の社員にはアポイントを公開しない」「他の全ての社員に非公開にする」閲覧ポリシーを設定することもできます。

ちょっと質問したい

ささやかなご質問から、
お気軽にお送りください。